読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぴーの漫画まとめ

KAPPY MANGA MATOME

アンキャプチャブル(キャプれない)コンテンツ

かっぴーです。

 

「記事のURLを貼らないでキャプチャで拡散する人が増えている」と

カツセマサヒコ君がブログで警鐘を鳴らしていました。

 

katsuse.hatenablog.com

 

そもそも、WEB界隈の人じゃないと

この行為がもたらす影響がピンと来ないと思います。

 

超ざっくり言うと、

WEBのコンテンツビジネスにおいて、シェア数やPV数は

テレビにおける「視聴率」なんです。

 

URL無しの拡散とは、「録画して視聴するテレビ番組」です。

視聴率に加算されなければ、いくら視聴数が増えてもスポンサーに褒められない。

 

キャプチャはもっと悪くて「録画して、しかも勝手に編集して違法アップロードされたテレビ番組」って感じかも。

 

そして、視聴率が悪いテレビ番組は打ち切られますよね。

WEBコンテンツビジネスも、結局はそうなります。

 

とにかく、

 

<発信者側の考え>

・オレの著作物に何してくれてんだ

・視聴率アップの阻害になってるんじゃ

 

怒りのポイントは、概ねこんな感じ。

 

 

でも、ちょっと待てよと。

悪気があってやっているのかな?

 

 

<キャプチャをとる側の考え>

・シェアが面倒だ

・面白い所だけ抜き出したい

・URLじゃみんなが見てくれない

 

こんな風に思ってやっているのかなって。

 

だから、シェアをもっと簡単にするか、先ほどの視聴率の例え話に共感してもらうかしか無い。

 

キャプチャする若者は、基本的には味方だと思います。敵じゃない。

だって面白がってくれてシェアしてんだから。

 

だったら彼らの遊び方に合わせて遊具をカスタムするか、公園の看板的に啓蒙するしかない。

 

また今度書きますが、僕はそもそも「シェア・PV・視聴率」って考え方が前時代的だと思っているので、まずやるべきは「遊具(コンテンツ)のカスタム」だと。

 

僕が考える、これから求められるコンテンツの形は…

 

<シェアラブルなコンテンツ>

・1)GIFアニメで ・数秒の動画で

vine.co

これ、ヤバく無いですか。

何回見ても笑い過ぎて死にかけます。

キャプチャじゃ再現できない面白さです。

 

・2)WEB漫画

kakeru.me

よろしくお願いします!

 

・3)一枚絵で

shooty.jp

ポスターなら、画像でシェアされても宣伝になる。

 

・4)短文で

このツイートは2万RTを超えました。

 

1)GIFアニメ・数秒の動画、2)WEB漫画

これらは、アンキャプチャブル(キャプれ無い)なコンテンツ。

だから、そのままシェアしてくれる。

 

3)一枚絵、4)短文

これらは、URLに依存しないコンテンツ。

だから、どんなシェアでも利益を生む。

 

ちなみに、WEB漫画も勝手にキャプチャを撮られてシェアされる事ありますが、僕の漫画では「やられそうなコマ」にあらかじめTwitterアカウントを加筆しています。

 

f:id:nora_ito:20151122135238j:plain

 

右下ですね。

最悪、画像だけシェアされてもTwitterアカウントを見つけてもらえれば少しはマシ。

 

とにかく、

「キャプチャでシェアされると困るんだよな」ってのは、まごう事なきコチラの都合。

どう折り合いをつけてゆけるか、考え続けたいです。