読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぴーの漫画まとめ

KAPPY MANGA MATOME

まだPVで消耗してるの?

かっぴーです。

 

今日は、おしゃ子の誕生日でした。

 

f:id:nora_ito:20160122033638p:plain

 

かっぴーはOLっぽい。

最近、仲間の間で「かっぴーは、メンヘラOL」って言われてるんですけど、ホントにメンタリティがOL。

ステレオタイプな「ああ〜、OLが言いそう」みたいな事を的確に言って行くんですね。OLの方に失礼ですけど。

 

まぁ、だからこういう漫画描けるんでしょうけど。

www.suntory.co.jp

 

「どうせオレなんてさ〜」とか「いいよ、もう」とか言いがち。

OLの中でも、面倒くさい方のOL。

 

前職は東急エージェンシーっていう広告代理店で、アートディレクター職だったんですけどね、辞めるちょっと前にすごいOL感ヤバい時期があって。

 

「どうせオレなんてさ〜もうやだな〜お肌荒れるし〜」みたいな時期。

それを察したのかどうかは知りませんが、一回り年上のエースみたいな先輩が「一杯飲んで帰るか」って誘ってくれて。

 

オレがホントのOLなら確実に抱けるコンディションだった。でも実際はOLじゃないただのおっさんなので、割と真面目な話をたくさんしてくれて。オレも先輩も、実は酒得意じゃなかったから、そんな酔いもせずに。

 

金曜の夜にオナニーをすべし。

その時に先輩が言っていたのが「あんま飲まないから、金曜の夜は家帰って何かつくる」って。その人は音楽が好きだから、朝まで作曲したりしてるんだって。知らなかった。

 

すぐには描かなかったけど、その時に思い浮かんだのが僕の場合「漫画」だった。もうオナニーで良いから、とにかく好きなものを好きなだけつくりまくる。それがストレス発散になるって。

 

広告代理店のクリエイティブって、好きなものをつくれるとは限らないじゃないですか。クライアントが言うから、とか。営業の顔を立てなきゃ、とか。とにかく、少なくとも「オレの、オレによる、オレのための制作」なんてできやしない。

それはそれとして、美学があって好きでやってるんだけど、小さなストレスが蓄積してゆくと良く無い。ダメなOLになっちゃう。「もういや〜」とか言い出す。

 

そのあと転職して、ある金曜の夜に朝まで「フェイスブックポリス」を描いた。あの夜に先輩と飲んでなかったら描いてなかったと思う。

 

そして、今。

すっかりWEB漫画家みたいな顔し始めた訳ですが、ベレー帽かぶって。

いやベレー帽はかぶってないけど、少なくとも漫画を描いてお金をもらえるようになってきた。ありがとうございます。

 

少しづつ、金曜の夜のガス抜きが、仕事になってゆく。

楽しいですよ。楽しいし、面白さの精度も上がってる気がするし、漫画を描く事はどんどん好きになってる。

 

だけど、何のしがらみもプレッシャーも無く、ただただ制作に没頭するための、オナニーのためのオカズに、漫画は使えなくなった。

どんなに好きな子でも、結婚して奥さんになったら、オカズにしないじゃないですか。付き合う前はしていたとしても。え、なに言ってるの??コレ大丈夫??

 

だから、漫画とぼくの関係性は、前より深くなったから良い事なんだけど、ちょっと寂しい気もしてます。

 

そんで、今だったら「金曜の夜、朝まで」何をしたいかな。

なにをしたら、ストレス発散になるかなって思ったら、文章を書く事かなって。

もともと文系で、脚本家とか構成作家に憧れてた口なので、文章を書く事は好き。なんかモヤモヤする夜は、文章を書く事にします。

 

PV数とシェア数で消耗してる。

WEB漫画はバズらないといけない。

PV稼がないと、シェア伸ばさないといけない。

それに応えていく快感はある。

広告代理店の仕事と似た、やりがい。

 

ただ、ホントに、マジでPV数とかシェア数とか、そういう所だけで勝負するのは消耗線だと思うんですよ。まだPVで消耗してるの?ってイケハヤ言いますよ。イケハヤは言わないか…。

 

何が違ってくるかって言うと、

第一話、第二話と、フェイスブック7000シェア越えが続いている「おしゃ家ソムリエおしゃ子」なんかは、昨日の夜に公開した第三話、これまでとノリがまるで違うんですよ。

 

realestate.yahoo.co.jp

 

結論から言うと、第三話が、ぼくは一番好き。

第一話からの流れがあっての、第三話なのでトータルで好きなんですけど、第三話の意味分かんないけどなんか切ない感じ、すごく描きたいヤツ。

 

でも、やっぱバズるのは第一話、第二話の「あるあるネタ連打」なんですよ。第三話は、あるあるネタに割くページ数を削って、好き勝手に描いてるページがあるから拡散力は絶対に落ちてる。(まだ公開して数時間だから分かんないけど)

 

そうなんだけど、でもでも、オレはバズのために漫画を描いてるのか?って、そうじゃないだろって思うの。

 

「PV数とか、シェア数とか、どうでもいいから、かっぴーが好きに描いていいよ」って言ってくれる媒体ないかな…。いまんところ、それがnoteかなって思ってる。

 

メディアからすれば、PV稼げよ、シェア伸ばせよって言って当然。それにギャラを支払ってるんだもん。

でもnoteは違う。あれはファンが買ってくれてる。読みたいから買ってくれてる。

 

メディアのために、漫画を描いてても、いずれ消耗する。

ファンのために、漫画を描くべきだと思う。

それをマネタイズする方法が、ホントに少ないんだな〜。